エイジングケアを頑張るブログ
  • HOME >
  • 肌の調子で悩む事はないですか?肌荒れがない美しく

肌の調子で悩む事はないですか?肌荒れがない美しく

肌の調子で悩む事はないですか?肌荒れがない美しく強い肌に仕上げるには肌の調子を崩す原因をきちんと突きとめて対策を考えることが肝心です。睡眠不足やストレスが原因の事も多々ありますが、アレルギーが元となっていたという事もあります。近頃、肌の調子上がらなくてどうしたらいいかな、なんて鏡を見ながら考え込むようにしたら、欠かさず毎日食べている、ご飯の内容を変えてみるのもいいでしょう。食べ物が変わると、それ相応に肌も変わってくるでしょう。それによりシワ、シミなどの肌トラブルの改善も期待できます。


毎日食べるご飯の質が、私立ちの身体の質を決めるのです。ですから、食べる物を変えると身体も当然変化します。身体を根本から変化指せる可能性をもつこの方法は、地味ながら確実なアンチエイジングかも知れません。生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)の質を変えることで肌に影響を与えるこの方法は、効果はゆっくりながら必ず表れます。
睡眠不足、紫外線、食生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)の乱れ。どれも肌の老化を促進してしまいますが、小シワの原因で必ず上位に挙げられるのは「乾燥」です。



いまはどこでもエアコン完備で快適ですが、その変り皮膚の深いところで潤いが減ってトラブルを起こすからです。


自分でできる乾燥対策として、季節にあった保湿をしていくことが大事です。

メイクの上から使える粒子の細かいミストを使って保湿してヨレや乾燥を防ぎ、汗をかいたら体の中だけでなく肌にも水分と脂質を補充するなど、スペシャルケアをおこなうと、老化(シワ・たるみ)を防いで、きれいな素肌になります。

常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌の乾いてしまうのを未然に防ぐために、いつも洗顔後はすぐ化粧水をつけた後に、ゆっくり長湯を楽しんでいます。

でも、真冬のシーズンは化粧水を塗っただけでは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水に加え、保湿美容液もしっかり塗って入浴を続けていますが、これを習慣づけてから乾燥肌がとても改善されてきました。喫煙ほど肌にダメージを与える習慣はありません。
肌の健康を保つためには血管による代謝が不可欠ですが、喫煙すると血管が収縮するので、皮膚のような細い血管では血流が悪くなり、表皮や真皮に必要な酸素・水分・栄養が届かず、老廃物が溜まります。


表皮は普段バリア役として乾燥や刺激から肌を守っています。その能力が落ちると真皮に紫外線や乾燥などの影響が及ぶため、たるみが生じてシワが出てきて、顔の印象の変化が本人にも自覚できるようになります。
ダイエットの反動などで喫煙が習慣化した人もいるそうですが、「キレイ」のために喫煙は絶対に避けるべきでしょう。辛うじてでも若々しくいたいと思うのは女性なら大体は共感して頂けることだと思います。
実際の年齢より若く、とまでは言いませんが、考えたとおりエイジングケアは気にしていたいものです。
昔から親しまれてきた馬油は保湿・殺菌力が強力で、血行を増進する効果もあり、シミ、シワを消す効能があるのではないかと言われています。お肌のシワを防ぐためにも、メイクをした日はできるだけ、クレンジングすることを御勧めします。
そうしないと、お肌にダメージが残ってしまい、シワができやすくなります。また、洗顔する時は、洗顔料を十分に泡たてて、優しく洗うようにしてちょーだい。ゴシゴシ!というムリヤリな洗顔や、肌荒れを起こしたりといったことが、シワのもととなってしまいます。感じやすい肌なので、ファンデーションのチョイスには気を使います。刺激が大きいものだと細かい発疹が出来てしまい、早速痒くなるのです。

ですので、是非カウンターでサンプルをもらって試してから購入するようにしています。



この前買ったクリームファンデーションは肌に適しているそうですが、今後もしっかりと試して取得したいと思います。
顔を洗う回数は1日に何回がベストなのかおわかりでしょうか。正解はずばり、朝と夜の2回です。洗顔をこれ以上するのは肌を老化指せてしまう要因となります。何回もすればその分丈夫になる訳ではなく、1日2回までとするのがきれいな肌へと繋がっていくのです。


肌のトラブルのひとつ、シミが気になるなら、まず、自分でできる毎日のお手入れでシミを撃退したいと考えますよね。ただ、それでは中々難しいようなケースではクリニックに行けば、レーザーの照射などでシミを取ると言う人法もあるのです。



フェイシャルエステをおこなうサロンでは特殊な光線によって、シミのケアをしているおみせも少なくありませんが、病院の皮膚科などでは、レーザーを照射する治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)で気になるシミをキレイにすることができます。

関連記事はコチラ

メニュー