肌のターンオーバーを活発にする

肌のキメは、肌の美しさのバロメーターです。

これが整っていると美肌ですし、そうでなければ荒れていることがわかります。ではこのキメとは何かというと、肌表面を網の目のように覆う皮溝という線と、皮溝が区切る皮丘という部位で創られた模様のことを指します。よくいう「キメが整った肌」は皮丘部分がそれぞれ水分を含んでふくらみ、形は同じような大きさに揃っています。しかし、身体の表面を覆う表皮が水分を失い、乾燥しきって荒れてしまうと、皮丘はその形を乱し、キメは崩れてしまいます。表皮の荒れを放置しておくと、表皮の持つバリアの機能もどんどん低下しますから、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。

真皮が傷むと、真皮には皮膚の土台としてのはたらきがありますから、肌は支えを失って、肌表面にシワをつくります。みかんなどの柑橘類はビタミンがとても豊富で、お肌のターンオーバー(代謝回転ともいい、いわゆる新陳代謝のことをいいます)を活発にし、シミのないお肌にするために大切な役割を果たしてくれます。

みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が紫外線へ敏感に反応するように作用し、お肌のためには逆効果になってしまいます。美肌効果をねらうのなら、紫外線を浴びない夜に食べましょう。時節の変化と一緒に皺は増えていきます。肌の調子が悪いなと思ったら、フェイスパックのようなスペシャルケアをしてみてはどうでしょう。就寝前におこなうと肌が休まるので緊張がとれ、ゆったり眠れるようになります。

お家にあるもので造れるパックもあります。市販のヨーグルトを肌に塗って数分から10分くらいで洗い流します。

このとき洗顔料を使わないこと、タオルでこすらないことがポイントです。

スキンコンディショナー的な効果的であるのでガンコな部分乾燥や混合肌の悩みを解決し、シワ・くすみに集中的に働聞かけてくれます。実はこれ、スネの乾燥にも効果的であるので、素足のシーズンには試してみてください。摩擦刺激を肌に与えることは肌のコンディションを保つ上でよろしくないという事実は持ちろん知っています。それなのに、ついつい力いっぱいメイク落としをしてみたり、顔を洗ってみたり、保湿剤やクリームをこれでもかと塗りたくってしまいがちです。メイクオフする際には、お化粧汚れとクレンジング剤を丁寧に溶け合わせるようにし、そっと指の腹の部分で汚れを落としてあげるのがベターでしょう。何にしても、力を加減することが大切で、摩擦刺激をできるだけ避けるように、優しくクルクルっと丸を描くみたいに、それができたら完璧なのだそうですが、ふと気づくと、お肌に触る手に力をこめてしまっています。

紫外線あるいは肌のターンオーバー(代謝回転ともいい、いわゆる新陳代謝のことをいいます)に支障がある場合、肌のくすみとなって現れるという説もあります。乱れがちな肌の調子をよくしてくれる方法に、一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。中でも、肌の生まれ変わりに深い関係のある新陳代謝を高めてくれるネロリ、血液の循環をよくしてくれるゼラニウムなどは、お肌のくすみを解消してくれます。

持ちろん、マッサージに使うのもよいですし、スチームの容器に何滴かたらして使用してみるのも手です。毎日しごとしごとで過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。そんなある日、鏡に映った自分の姿を見てすごくビックリしました。

目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさをそのまま表しているように思えました。この日のショックは強烈だったので、私、自分に誓いました。どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰っても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌を守るためにできることをしよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。肌のしみ取り方法のひとつとして、オキシドールを使うという話を聞いたことがあるのだそうですが、オキシドールの役割は傷口を消毒する事であって、健康で傷口も無い肌への用途とするのはすごく重荷になるのではないでしょうか。

オキシドールを使用する事で髪をブリーチした方もいるようですけど、髪に深刻なダメージを与えてしまうでしょう。

肌にも良い所以がありません。

一日最低2リットルの水を飲向ことが全身の代謝を促進すると言われます。お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物や有害物質がお肌にたまって、シミやくすみを悪化させてしまいます。それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみだけでなくシワやほうれい線も増えることになります。水分不足にはくれぐれも気をつけましょう。肌にシワができるのは、加齢を初めとしてイロイロな原因があるものの、肌の乾燥がとにかく大きいそうです。エアコンの風にあたっていたり運動をして、汗が肌の保湿成分ごと流れていってしまった場合などは特に要注意です。

デリケートな肌を乾燥から守るためには、ひんぱんに保湿をする事が大切です。その為にスプレータイプの化粧水を持ち歩くのは便利です。

どこでもひと吹きするだけでいい手軽さがあります。

また、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿をおこないましょう。喫煙ほど肌にダメージを与える習慣はありません。肌の健康を保つためには血管による代謝が不可欠ですが、タバコの効き目はとても早く、迅速に血管を収縮させるので、肌細胞の維もと再生に必要な水分や栄養素が不足し、老廃物が貯まってしまいます。真っ先にダメージを受けるのは表皮です。肌の表層である表皮の機能が落ちると、真皮にダメージが届きやすく、皮膚の表面が荒れてシワが出てきて、顔の印象の変化が本人にも自覚できるようになります。美容と健康のために、タバコは辞めて、その他の気分転換を見つけるようにしましょう。

By 2019-05-10.    未分類