月: 2020年3月

美しい肌に欠かせないコラーゲン

顔のシミをコンシーラーで消し去ろうとして、む知ろ、シミが際立ってしまったことはありませんか?ファンデーションを選択するときは、本来のお肌の色より明るめの色をセレクトする人がよくいますがシミを隠す目的でコンシーラーを選ぶ場合、肌より明るめのカラーをセレクトするとむ知ろシミが目立つのです。シミを隠すためにコンシーラーを選ぶ時は、肌よりちょっと暗い色を選択することが要点です。

この季節では、オールインワン化粧品がすっかりトレンドになりましたね。

その中でもエイジングケア関連のオールインワン化粧品には、各社とも注目をしているようです。配合成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどといわれる肌の保湿に関連深いものが目立って見られますが、アスタキサンチンが話題になっていることもあり、レッドカラーのエイジングケア化粧品が増え続けています。

日々の飲み物でシミ対策したい方にオススメなのが赤く爽やかな味わいのローズヒップティーです。

同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンとくらべ、約20倍越えのたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で内側からメラニン色素ができないようにして、美しい肌に欠かせないコラーゲンの生成を促進してくれるので、シミ、そばかすを抑え、くすみのない肌になります。活性酸素の害からも守ってくれ、アンチエイジングにも有効です。肌を美しくすることとウォーキングは全く無関係のように感じてしまいますが、本当は関係があると言われています。

姿勢を正しくしてウォーキングすると、お肌へ血流がスムーズに流れるので、代謝が盛んになり肌が美しくなれますし、成人病と言われる高血圧や動脈硬化などを防ぐためにも効きます。いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、帽子や日傘(コンビニなどで買えるビニールのものから、何万円もするものまでピンキリです)などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年を通して対策を施し、もしも日焼けをしてしまったのなら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。さらに、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながる所以です。アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢を意味するもので、若返りと勘違いしてしまいがちですが、単純な若返りとは違い歳を重ねるのを遅らせ、実際の歳より若く見せるという考え方の方が合った見方です。現在アンチエイジングというものは、基礎化粧品だけではなく、サプリメントおよびホルモン治療の分野にも進歩しているでしょうアトピー性皮膚炎の方は、どのような肌手入れのやり方が正解なのでしょう?アトピーの原因はその全てが完全に解明はされていませんから、正解だという肌手入れの方法や治療法等はまだ確立なされておりません。

ただし、アトピーの人は、わずかな刺激や体温上昇でかゆみを発症しますから、基本的には刺激を与えないことが最も大切でしょう。

多彩なスキンケアを試したけどいまいちという方は、スキンケアの「機会」を逸しているのかもしれません。

立とえば洗顔したての肌や入浴後の肌は水を撒いたように潤っているはず。だけど本当は、表面上だけで、そのアトすごい乾燥が迫っているとしたらどうしますか?ひび割れした地面やパレットの上の絵の具を想像してみてちょうだい。

あれだって元は潤っていたんです。シワや乾燥の原因を造りやすい時間ですが、考え方を変えれば「肌がどんどん水を飲み込む」時間でもあるのです。つまり、この時間をうまく使うことが美肌のカギなのです。入浴後や洗顔後は間違っても鏡の前で「あ、ニキビ」などとどまったりしないよう気をつけてちょうだい。タオルで拭いたら化粧水(保湿効果のあるもの)やライトな乳液などで本格的なお手入れ前のファーストケアを施してあげましょう。

適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、お肌の血行も良くなります。

また、酒粕はパックとして使え、くすみを軽減すると言われています。板状の酒粕を小さくしてボウルに入れ、少量の水を加え、酒粕を柔らかくして、固まりがなくなるようにすりつぶしていきます。

小麦粉を適度な固さになるまで混ぜて、なめらかに仕上げれば、酒粕パック完成です。

もっとも、お酒に弱い方には、このパックは向いていません。

顔にシミができてくると、もっと若いのに!と言いたくなるほど老けて見られてしまいますよね。加齢に伴って、肌の回復する力が弱まり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、十分な日焼け対策が必要となります。

手軽な日焼け止めや帽子といったもので紫外線を浴びるのを防ぐのに加え、ビタミンCの多い野菜や果物を、できるだけ摂るようにしましょう。

ナチュールC

By 2020-03-24.    未分類